--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013年02月22日 (金) | Edit |
口癖が「メンドクサイ……( ̄◇ ̄;)」な栄太郎です。


体調不良もあるのですが、何となくやる気が出ないんです。
私を含め【何となくやる気が出ない】という人は多いのではないでしょうか。


やらなくちゃと思っていることを後回しにしてしまう状態の人にオススメのレメディはホーンビーム(決意)なのですが、「あーあ、メンドくせっ」という気持ちが癖になっているならば「アグリモニー(本心)」のレメディも使ってみて下さい。

このレメディは、臭いものに蓋しちゃってる人向きです。
うーん、強いて例えて言うなら夏休みの宿題を始業式の前日に泣きながらやるような人向き。

心の中にあるストレスや悩みを他人に隠すのはもちろんのこと、自分自身からも隠して偽りの平和状態を築き根本の問題を見て見ぬフリ。
実際には問題解決や解消になってないので、心の何処かで澱が溜まってストレスを感じてる状態なんです。

それってプラスのエネルギーが奪われ損なわれ 「あーあ、メンドくせっ」が口癖になって出てきてるんですよ。
この状態を更に誤魔化そうとお酒や過食にいってしまうこともありますね。


アグリモニー(本心)


(画像をクリックすると詳細を見ることができます)

このレメディは、自分で心の中の問題やストレスを気付けるように、その問題を解決する力は自分にあると導いてくれます。
心の開放をサポートする働きをしてくれるレメディです。


私も心を解放し内なる平和を手に入れたいので使ってみようかと思います。

♪良かったら押して下さい♪
にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ







2013年02月15日 (金) | Edit |
バレンタインデーはチョコレート好きな私には男女の愛の誓いの日云々じゃなくて【チョコレートのお祭りの日】だと長年決め付けていた栄太郎です。

毎年バレンタインデー近くなると、あらゆるチョコレートのイベントへ行き色々なチョコレートを手に入れ堪能しています(この時期は特にデパートへ行くのが好き)。

普段からチョコレート専門店で、かなりの頻度でチョコレートを買う私ですが、バレンタインデー用のチョコレートは見栄えが良いのと限定なので買うのは必須ですね。

買っても一人で全部食べてしまいます。
バレンタインデーだからと言って誰かにプレゼントしたことはありませんでした。
普段、何気なくチョコレートをプレゼントすることはあってもバレンタインデーに特別な意味を込めてチョコレートをプレゼントすることは…………未だかつてなかった。


そんな私が今年は手作りチョコレートに挑戦。
かなり後ろ向きに挑戦。

だって、世界中のショコラティエの作るチョコレートで舌が肥えきっている私には自分なんかが作るチョコレートを認められるわけないし。

それでも作ったのは……まあ、愛情から?

どっぷりと世の中のバレンタインデー気分に浸りたかったので、こんな自分を変える為にフラワーレメディを使ってみました。
私自身、今回初めて使うレメディです。

ワイルドローズ(情熱)

(画像をクリックすると詳細を見ることができます)


ワイルドローズは、自分はどうせこの程度なのだと諦めている人のためのフラワーエッセンスです。
人間常に向上心が大切なのに無気力で生きる事に興味がなくなってる生きる屍な人にうってつけ。
物事に抵抗したり、世の中に反逆したり、新しい挑戦をしようとも思わず、今の状態を否定的なまま受け止めてしまってたり。
ワイルドローズは、嫌なことや悲しい出来事があっても、希望を見出し、人生を前向きに生きる活力を取り戻してくれます。
自分の能力を発揮して人生を楽しめるようになります。



しょせん愛情なんて込めてもキモいだけだよねーと言う気持ちを封印!
「私はショコラティエ!」と叫び髪の毛が入らないように髪を結んでから三角巾をしマスクを装着、割烹着を着て、念入りに手指の消毒をしてチョコレートを溶かし始めました。

ずいぶん前から飲んでたけどレメディの効果なんて実際よくわかんないんですよね。
でも、作らなくちゃいけない状況に置かれ、時間もない………もうやるしかないんです。
どうせやるなら気分良く楽しくやって成功させたい。
となると、情熱を目の前のチョコレートに注ぎ込まないとできないから意地でも注ぎ込む私。

私はショコラティエ、私はショコラティエ、私はショコラティエ、私はショコラティエ、私はショコラティエ、私はショコラティエ、私はショコラティエ、私はショコラティエ、私はショコラティエ、私はショコラティエ、私はショコラティエ、私はショコラティエ、私はショコラティエ……。



トリュフなるものに挑戦しました。
形がまばらになるのが嫌で自分なりに工夫して成型しました。
とっておきのコニャック…デラマン アーリーランデット1973まで注ぎましたよ
よく考えると材料費が大変なことになってるかもしれない……

できあがったのが、これです。
IMAG1263.jpg


1kg近くトリュフを作ってました。
なんたる活力!!!
なんたる集中力!!!
そして、作ってる最中は心なしか楽しかったし。


味は、さすがに有名ショコラティエのトリュフには及びませんが美味しくできました。
使った板チョコとコニャックが結構良いものだから美味しくて当たり前ですけど。

もう一種類、夫の為に作りました。
糖質制限のトリュフです。
カカオ95%の板チョコとエリスリトールを使って。




私はラ・メゾン・デュ・ショコラの好きなものだけを詰め合わせたもの(2段です!)とオランジェットを思う存分堪能しました。
やっぱり美味しい(´∀`)

♪良かったら押して下さい♪
にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ





2013年01月18日 (金) | Edit |
本厄そして後厄のせいか、色々な目にあって体の不調でイマイチな栄太郎です。

今年は、もう少し頻度を上げて記事を書いていこうと思いますので宜しくお願い致します。
(超絶遅れた新年のご挨拶……もうここら辺からダメ人っぽい)

ダメダメなセラピストですから、何かしっかり後押しが必要みたいです。
栄太郎の新しい年の第一号フラワーレメディは………

ホーンビーム(決意)

(画像をクリックすると詳細を見ることができます)

・「まっ、いっかー」が合言葉のごとく先延ばしして後で大変な目にあう人に

・月曜日の朝もサザエさん症候群を抱えてる人に
(日曜日18時30分よりフジテレビ系列で放送されるサザエさんを見ると「もう休みも終わりか」と憂鬱になってしまう現象。月曜日の生活に支障がでる場合がある。)

・朝起きると「あー、だりー」と思う人に

・頭の中で思考がグルグルしすぎて疲れてしまう人に

・「どーせ同じだし、どーでもいいや」と日常の生活に飽きちゃってる人に

・テレビの見過ぎや長時間読書、勉強のし過ぎで頭がズキズキ


私も含めて、そんな人達にはホーンビーム(決意)のレメディを是非使ってみましょう。

使用する際は【こうなれる!】と思い込むことが重要です。
そしてイメージトレーニングすることで状態が変わるのです。

まあ、ホーンビームはこんな感じでいきましょうかね。
まず私は、何でもかんでも「メンドクサイからレスキューレメディでいいじゃん」(セラピストにあるまじきモノグサ!)を封じます。
身も心も軽やかに物事に取り掛かり、何事にもワクワクした気持ちで対処する自分をシュミレーションします。
(何だか全くの別人のような私ですが……)
自分の能力の限界に恐れず、やるべき事を次々とこなし、短時間で多くの物事をこなす事ができるスタイリッシュ栄太郎をイメージ!!!


ホーンビームは偏っていたエネルギーを均一化させるという性質があるので、能動的なことと受動的なことのバランスをうまくとれるようになりますよ。


♪良かったら押して下さい♪
にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ









2012年12月19日 (水) | Edit |
クリスマスプレゼントに悩む栄太郎です。


そんな時に私にお届け物が!!!
何処からかというと、フラワーレメディのお店からです。

「注文してないのに何だろうな?」と訝しみながら開けてみると………メッセージカードとレスキューパステル ブラックカラント味が入っていました。
25294363_1850423087_126large.jpg
な、なんとお店からのクリスマスプレゼントでした!

グミ好きな私にとって\(^o^)/キャッホーなプレゼントです。
ありがとうございます。
レメディーが全く必要な時じゃなくてもモグモグ食べさせていただきます。


レスキューレメディは心が乱される様々な状況に対してお使い頂いけます。
「取り敢えずのレスキューレメディ」で、いつでも気軽に口に入れることができるグミタイプのキャンディならクリスマスプレゼントに最適。
貰って嬉しいプレゼントですね。

「レスキューレメディ」のグミタイプのキャンディ

(画像をクリックすると詳細を見ることができます)

♪良かったら押して下さい♪
にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ







2012年10月05日 (金) | Edit |
PMS…月経前症候群に悩まされている栄太郎です。
ずっと子宮内膜症の進行を抑える為に手術をしたり低用量ピルを服用して安定していましたが、今は諸事情により止めています。

只今、邪神降臨期(今の私に近寄るとロクなことないですよ)。
第一の被害……卵。
CIMG3525.jpg

まるで人が変わったかのように呪いの言葉を吐き出し、攻撃的になり当り散らします。
耳がくぐもって、薄いベールで外の世界と遮断されたような感覚に陥ります。
月経前は鎮痛剤から解放されているので胃の状態も良く、普段の3倍は食べます。
妄想能力もレベルアップするので、思い込んだら怖いです。
意味もなく泣き出します。

感情のコントロールが効かなくなるのに困ってます。
気分転換で食べ過ぎると後の体重増が怖いし、食べ過ぎによる肌荒れ胃の荒れが怖いし、お酒に頼ると制御不能でどーなるかわからないしなので、ここに全てをぶつけようかと思います。
ネチネチ書くので、どうぞお付き合い下さい。


女性の約80%が経験しているという月経前症候群(PMS)。
排卵から月経開始時期までに現れる精神的・肉体的不快症状を総じて言います。

誰でもその症状が出るというわけではなく、一生その症状が出ないでスムーズに過ごせる人もいるので、女性だから皆がその経験を分かち合えるものということではないです。

婦人科系の不調は個人差があります。

個人差があるからこそ、女性としての優位・劣位のようなものを非常に感じやすい。
しかし、そのような症状があるからといって女性としての自分を低く位置づける必要はないということを、私は主張したい。
私も含めてですが、婦人科系の疾患や不調に悩まされる女性の大部分は意識的でも無意識的でも女性としての自分が傷つけられているような感じがするように思います。

これに関しては、まず自分の中でどのような思い込みがあるのかを探ることも必要ですが。

しかし、世の中の無理解にも苦しむことがあることも現実です。
一緒に暮らしてる夫なんて最たるものです、妻の体のことなのにあまりの無知っぷりには驚きました。
こんなんで一緒に暮らしていて問題ないでしょうか……いいえ、あります!
喧嘩する時期は、決まってこの時期ですもの。

しかし、全てをPMSのせいにすることはダメだと思うし、それは「甘え」です。

まずはPMSを自分で理解して、自分の体の状態を知って、それから対策です。


ここ20年弱くらいの間の研究によってPMSは少なくとも4つのタイプに大別できることがわかりました。

タイプA:高エストロゲン低プロゲステロン型
PMSの中では最も多いタイプ。
比較的神経質でいつも不安、緊張状態な人。
喜怒哀楽が比較的激しく、イライラする傾向が強く、生理が突然始まり比較的症状が重い方。
これらの症状の背景が排卵直後の高エストロゲン低プロゲステロンであることが多い。

タイプB:高エストロゲン高プロゲステロン型
このタイプの人はストレスがPMSの症状を決定する最大の要因。
イライラする傾向が強く、沈み込むよりは攻撃的になる傾向がある。
体重が増加しやすく、血清中のアルドステロンが上昇しNaとKのバランスが崩れることで手足のムクみや胸部の痛みがある。

タイプC:低血糖型
このタイプの人は血糖の変動が比較的大きく、特に低血糖症状をともなうことが多いと言えます。
それにともなって頭痛、疲労、気分の落ち込み、神経過敏の状態を招くことがあります。
生理期間中は異常に甘いものを欲します(特にチョコレートとか)。
爪のミネラル分析検査をしてみるとカルシウムとマグネシウムの比が10:1以上での人が少なくありません。
このタイプの人が甘いものを欲する背景の1つには、血糖コントロールの低下と脳内ホルモンであるセロトニン、ドーパミン、GABAの合成が低下し、一過性のストレス状態に陥るために脳のエネルギー源である糖分を切望するため、または副腎の働きが低下することによって銅の需要が高くなるため、カカオに豊富に含まれる銅を渇望するためだと考えらます。

タイプD:低エストロゲン高プロゲステロン型
このタイプの人は比較的気分が落ち込み、社交性の低下、物忘れが多く、不眠傾向にもあります。
重い場合にはうつ状態になる傾向があります。排卵直後のエストロゲンおよびプロゲステロンを分析するとともに、鉛の高い蓄積が背景にあることもあるため、爪や毛髪でミネラル分析をすることも参考になります。


ホルモンのアンバランスでPMSが起こると考えられますが、正常な月経サイクルでも起こりホルモン異常では無いようです。PMSの原因は未だ不明ですが、社会的、文化的、生物学的、心理学的な要素も関係があり、その発生機序は極めて複雑です。


治療は、基本的には適度の運動とバランスの取れた食事と睡眠リズムの改善。
対症療法として、痛みにはプロスタグランディン阻害薬であるアスピリン、イブプロフェン。
水分の貯留で体重増加には利尿剤。
便秘にはマグネシウム剤。
精神的な症状にはセロトニンに関与する向精神薬。
経口避妊薬(ピル)はPMSに対する効果は一定していません。
その外にも、ゴナドトロピン分泌ホルモンや他のホルモン剤の使用もありますが、これも効果は一定していません。
精神症状が強いPMDDは心理療法やカウンセリングなどとの併用が必要かと思います。



……要するに、よくわかんねってことですね、原因も治療法も。


治療は対症療法しかないので、並行してバッチフラワーレメディもどんどん使ってみるのも手ですね。
身体面に直接作用するわけではないし、効果の出方も穏やかなので速攻効く!というわけではありませんが、
毎月のように悩んでいるのなら、まずは飲み始めて最善を尽くしてみては如何でしょうか。

科学的に解明されていないお花のエネルギーが体の何処かに良い結果を導き出してくれるかもしれません。


集中力切れ&めんどくせってなったので、次回にPMS、月経中に効果のあるフラワーレメディのことでも。

♪良かったら押して下さい♪
にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。